VRS高精度測位

VRS(Virtual Reference Station)とはネットワーク型RTK-GNSS測位手法一つで仮想基準点方式のことです。公共測量業務の全般的な利用可能で信頼と実績のある高精度測位方式です。
VRS対応したドローンの位置に仮想の基準局を設置し、その仮想基準局から出力されるであろうGNSS補正データを国土地理院GEONETのリアルタイム観測情報から生成される補正データを携帯電話網を通じて取得することで、高精度な位置情報の取得と飛行を実現します。

高精度な位置情報を取得することは、ドローンの高精度かつ効率的飛行につながります。点検や監視、測量においては対象物を正確に捉えることに繋がります。また、ドローンばかりでなく自動運転やIoT機器の位置情報を取得するのにも役立ちます。