点検

風力発電機や鉄塔など、危険で手間と時間がかかる点検作業をドローンで効率化。ドローンでの短時間での撮影から、画像サーバー管理、損傷個所の解析、レポート作成まで、点検業務の大幅な効率化を実現します。

風力点検

  1. ①オートフライト撮影
    風力点検用オートフライトソフトにより、迅速かつ正確に風力タービンの状況を撮影します
  2. ②損傷箇所解析
    損傷箇所はAI解析で自動スクリーニングを行い、ブレード点検の専門家が損傷レベルを解析
  3. ③自動レポート作成
    損傷箇所のブレード上の位置と写真を自動でレポート作成します
  • オートフライトアプリ
    ブレードのセンターを角度を設定後、自動で全ブレードを各4方向からから撮影します。
  • 撮影データ確認アプリ
    撮影データはタービン/ブレード毎に自動で分類され、撮影直後にも確認可能。
  • データ解析クラウド
    クラウド上で損傷個所を解析、マップで全タービンの損傷状況を管理、確認可能
  • 点検レポート
    ブレード毎の損傷位置、損傷レベルを一覧でき、写真で損傷状況を確認可能
【従来の点検との比較】
作業項目 従来の点検
(ロープワーク)
当社ドローン点検
作業人数

3~4名

上空作業:2名
地上ロープ作業:1名
安全管理:1名

2名

パイロット:1名
サポート:1名
必要に応じて安全管理
作業基数

最大2基

停止時間は半日
(陸上)
停止時間は1日
(洋上)

最大6基

停止時間は1時間
(陸上)
停止時間は2時間
(洋上)
危険度

高所作業のため危険が大きい
風が吹くと作業中断

高所作業がないので危険少ない
ドローン事故
点検費用

1日に最大2基、数日前から準備も必要など

1日6基の点検が可能
レポート 提出

人手によるレポート作成

AIにおける損傷個所判定
  • 鉄塔点検
    自社通信鉄塔でのドローン点検ノウハウを活かし各種鉄塔点検が可能です
  • 壁面/法面点検
    高く広範囲な法面も、ドローンで迅速に撮影・点検が可能です

導入事例